• FINAL ANSWER No.1 サプリメント 2個セット【定期でお得】
  • FINAL ANSWER No.1 サプリメント 2個セット【定期でお得】
  • FINAL ANSWER No.1 サプリメント 2個セット【定期でお得】
  • FINAL ANSWER No.1 サプリメント 2個セット【定期でお得】
  • FINAL ANSWER No.1 サプリメント 2個セット【定期でお得】
  • FINAL ANSWER No.1 サプリメント 2個セット【定期でお得】
サプリメント

FINAL ANSWER No.1 サプリメント 2個セット【定期でお得】

〜健康な身体を『内側』から〜
¥9,500 (税込価格 ¥10,450 )
定期コースについてのご説明
定期購入に購入回数の制限はございません。いつでも解約いただけます。解約される場合は、配送予定日までにお手続き下さい。

支払い方法一覧

栄養成分の補給による身体の中からの健康を
考え抜いた2つの有効成分を配合した菌活サプリメントです。
① 腸内の善玉菌の餌となるプレバイオティクス(ケストース)
② 腸内フローラに好影響を与えるバイオジェニックス
(パラカゼイ菌FA01株)

変化を実感するのに平均3-6ヶ月かかりますが、
試す価値があるオススメの製品です。

【開発者Dr.伊從の一言メモ】
私が主任を務めるどうぶつの皮膚科・耳科・アレルギー科で最も選ばれているサプリメントです

※動物病院コードを入力する事により、5%OFF価格で購入可能となります(購入ページにて入力可能となります)。動物病院コードは、かかりつけのFINAL ANSWER認定動物病院にお尋ね下さい。

動物病院コードとは

※動物病院コード発行希望の動物病院様は、アカウントを作成後弊社あて
 こちらからお問い合わせください。

お問合せはこちら
ご使用方法
■ どんなワンちゃん、ネコちゃんにおすすめですか?
FINAL ANSWER No.1は、体の中から整えて健やかな皮膚を育むことをコンセプトにしています。年齢や品種を問わず、皮膚や全身の健康維持にオススメしています。

■ 他の乳酸菌やオリゴ糖サプリとの違いは?
FINAL ANSWER No.1は、乳酸菌のパラカゼイ菌(バイオジェニックス)とオリゴ糖のケストース(プレバイオティクス)を組み合わせて錠剤化した『このサプリだけでシンバイオティクスを達成出来る』数少ないサプリメントです。また、パラカゼイ菌はFA01株という独自の乳酸菌を用いており、FA01株は論文も発表されているなど、飼い主様は勿論、多くの獣医師からも注目を集めている乳酸菌です。

■ 1袋に何粒入っていますか?
1袋は60粒入りとなります。

■ 給与量について
給与目安量は
0.5〜1錠(体重5 kg未満)
1〜2錠(体重5〜10 kg)
2〜4粒(体重10〜20 kg)
4〜6粒(体重20 kg以上)
となっております。
最初の2週間程度は、給与目安量の範囲においては少量の給与量に設定し、それ以降は便の状態に問題がなければ増量することをお勧めします。また、目安の給与量はありますが、あくまでも目安です(人によって、ビール何杯で酔うかが大きく違うように)。愛犬愛猫の様子を見ながら給与して頂くことが重要です。

■ 投与の仕方
FINAL ANSWER No.1はオリゴ糖を含んでほんのりと甘みがありますので、錠剤のまま、おやつ感覚で投与できることが多いでしょう。錠剤のままでは投与が難しい場合は、錠剤を潰して、フードや飲み水に混ぜていただいても問題ありません。

■ お薬との兼ね合い
薬を服用している場合でも安心してご使用いただけます。ただし、健康状態に不安がある場合はかかりつけの動物病院にご相談していただくことをおすすめします。
全成分
ケストース(オリゴ糖)、乳酸菌粉末(パラカゼイ菌)、結晶セルロース、麦芽糖、HPC、還元麦芽糖、ショ糖脂肪酸エステル
ご使用上の注意
■ 給与タイミング
パラカゼイ菌は死菌を利用しているため、サプリメントを飲ませてはいけないタイミングはありません。(生菌の場合、胃酸が多い空腹時は避ける必要があるため) また、1日1回と1日2回どちらが良いか、そして、朝と夜どちらにあげるのが良いかも、現在の研究では明確に分かっていません。

■ 投与後に便の性状が変わった場合
頻度は稀ですが、FINAL ANSWER No.1の投与開始初期に便の状態が不安定になる場合(少し緩くなる、便が硬くなるなど)があります。多くの場合は、継続していくことで便の状態も落ち着いてきますが、1週間ほど便が不安定な状態が続いた場合は、一度休止し、便の状態が回復した後に給与目安量の半量で投与を再開することをお勧めします。便の状態が回復しない場合は、かかりつけの動物病院にご相談していただくことをおすすめします。

■ 保管
直射日光を避けて、涼しい場所に保管してください。冷蔵庫で保管する必要はありません。吸水を避けるため、別の容器に移してご利用いただくことはお勧めしません。基本的には都度、製品袋からご利用分のみを取り出していただき、ご利用後は袋のチャックをしっかり閉めて保管することが推奨されます。